頼まれたら『NO』と言えない!そんな時は”ガス抜き”&”アロマ”で気分転換を

忙しく手いっぱいな時に、厄介な仕事を頼まれてしまった!
「はい」と応えたものの、もういっぱいいっぱい!

そんな時は、自分の気持ちを人に話して適度にガス抜きを。
ストレスで消費した抗酸化物質をビタミンで補いましょう

頼まれたらなかなか『NO』が言えない人は、自分の望みより相手の顔色が気になり、つい無理な仕事も引き受けてしまいます。断ること自体が不安とストレスになるのです。
しかし体は一つしかありません。

もし手一杯の時に仕事を頼まれたら、抱えている仕事をひとつ減らすこと。そうでないと、気づいた時には仕事どころではなくなってしまうことも。

他人に気を使いすぎて神経を消耗してしまいやすい人は、血中のコルチゾール値が高いために、長期的ストレスに気づきにくい傾向があります。普段から親しい人に話を聞いてもらうなどして適度なガス抜きを心がけましょう。

話すことによって自分の気持ちも明らかになり、スッキリします。レモンやカモミールのアロマを焚いて瞑想すると、神経系がリラックスします。
抗酸化物質が消耗されやすいので、ビタミンC・Eのサプリメントで補いましょう。

※コルチゾールとは、緊張ホルモンのひとつ。女性の場合、コルチゾールが増加すると女性ホルモンの比率が下がり、カラダに悪影響を及ぼす場合もあります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。