融通がきかない人。実は本人も緊張しています

きっちりするのは当たり前!

「ちょっと大目に見て」がまったく通じないので、まわりの人から怖がられてしまうY先輩。

仕事熱心でとても頼りになるけど、Y先輩に提出する書類を作るときは、みんなも心なしか緊張している。

 

Y先輩のように、融通が利かない、真面目すぎるという人、あなたのまわりにもいませんか?

もしくは自分に当てはまったりしませんか?

融通が利かない人の心の内をみてみましょう。

 

融通が利かない人、実は本人も緊張しています

融通が利かない人は、他人に厳しくする分、自分のミスも許せないので、何かミスをしでかさないかと実は内心緊張しています。人に厳しく自分に甘く、では、だれも言うことをきいてくれませんからね。

そして人に厳しく接し、反感を買っていることもわかっているので、内心ストレスでいっぱいです。しかし他人に厳しく接している手前、ガチガチに武装した鎧を脱ぐことがなかなかできません。

そんなタイプの人と接するときは、リラックスさせることがポイントになります。

相手の緊張をほぐしてからアクションを起こすことで、その後のやり取りが円滑に進みます。

 

根が真面目な人なのです

仕事はとにかく速やかに、そして正確に遂行したいので、それを妨げる行為が許せない、「ど」がつくほど真面目なタイプです。

そんな真面目すぎる人は、自分のやり方や考えが正しいと思い込んでいるところがあり、他の方法などを受け付けない頑固な一面があります。固定観念が強いので、「例外」を受け入れること、ルーティン作業に変更が生じたりすることを嫌がります。これは慎重ホルモン(セロトニン緊張ホルモン(コルチゾール)が多い人の特徴です。

しかし他人に圧迫感をもたらしてしまうこのタイプは、他人を緊張させる反面、実は本人の神経も同じくらい緊張しています。

 

では、いったいどのように接すればいいのでしょうか?

 

融通が利かない人への対応

 

相手の能力を尊重して頼ってみる

融通の利かない人は、自分で何でもこなせる人に思われがちですが、本当は人に頼りたくても頼れない性格なのです。

そして自分が有能と認められるのが何より嬉しいので、「Y先輩の力を貸してください。~でいいですか?」と判断を仰ぐように頼ってみましょう。頼られると向こうも頼りやすくなるので、一石二鳥です。

頼られると自尊心が満たされ、一辺倒だった態度や考えが和らぎ、臨機応変に対応してくれるようになるかもしれません。

 

接する時の注意点

自分のやり方を否定されると傷つき、攻撃的になる可能性があるので気を付けましょう。

そして一人で仕事を抱え込んでしまう癖があるので、「私ができることは何でもします」と相手を尊重しつつ、押しつけがましくならないように手伝いを申し出てみましょう。

自分から心を開くのは苦手ですが、こちらから誠実に心を開いて話しかけると、緊張から少し解放され付き合いやすくなる可能性が大きいです。

 

ルールを守るのは大事なこと

融通が利かない人は、頑固で付き合いにくいと感じてしまいがちですが、融通が利かないことは決して悪いことではありません。決められたルールを守ろうとすることは社会人として当たり前のことで、ルールを守れないと他者からの信用を失う可能性もあります。

ですが、すべてが厳密である必要はないのです。ルールは守ったうえで、少し周りのやり方や意見に耳を傾けてみてはいかがでしょうか?自分がこだわっていたことは、案外大事ではなかったりすることもあります。

すぐに他人の意見を聞き、取り入れる必要はありません。融通を効かせられること、効かせられないこと、判断が難しいこともたくさんあると思います。難しく考えすぎてルールばかりに縛られずに、まずは身近な人の意見を聞いてみましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。