履物の種類していますか

意外と知らない履物の種類

着物を着る時、着物のことは色々調べたりしますよね。

どんな種類のものがあるのか。どんな時にどの着物を着ていけばいいのか。

ここで、見過ごされがちなのが履物です。

履物にも種類があるのです。ご存知でしたか?

 

着物と合わせる履物

まず、着物には草履か下駄を合わせます。

草履と下駄では、草履が格上の履物になります。

この感覚は、皆さん同じだと思います。

カジュアルな着物である、浴衣には下駄を合わせますものね。

 

草履にサイズってあるの?

草履は一般的なものがMサイズで22.5~24.0がこれにあたります。

この他S、L、LLがあり、全部で4サイズになります。

草履はサンダルのように、足にピッタリと合わせて履きません。

足の指で鼻緒をつまむ感じで、草履の先まで足を入れることはしないのです。

しっかり入れてしまうと、圧迫感があり、足の指の付根や、足の甲に鼻緒ずれをおしてしまいます。

この為、かかとは台から1~2cm出して履くかたちになります。

小指も台からはみ出してしまいますが、それで正解です。

 

草履の形は?

草履は細型と小判型の2種類に大きく分けられます。

細型はすっきりとした形で粋であると、以前は主流でしたが、最近は小判型も

幅が広く、安定感があると人気です。

履き心地や歩きやすさは、履く人の好みによるようです。

ちなみに、草履に左右の区別はありません。鼻緒の柄が左右で異なる場合以外は気にしなくても大丈夫です。

鼻緒に癖がついていれば、鼻緒を引っ張ることで形を整えられます。

 

鼻緒の種類で履きやすさは違う?

鼻緒の素材としては馬の毛や生地に漆を型染した印伝、高級ビロードの

本天などがあります。

本天はあたりがソフトなので、よく好まれます。

また、鼻緒には太めのものと、細めのものがあります。

太いものは、履き心地がよく、足も痛くなりにくいのでお勧めですが、

ものによっては野暮ったく見えることも。

細い鼻緒は、足が痛くなるかもしれませんが、足元はすっきり見えます。

 

鼻緒のデザインは?

実は鼻緒にもデザインはあります。

最もベーシックなタイプはと呼ばれるもので、一枚の素材で出来ています。

福林と呼ばれるものは、裏地が表地の両サイドまであるもの。

高原は足に当たる部分にのみ、裏地が使われています。

二石は細めの鼻緒を日本重ねて一本に見えるようにしたもの。

このように、上や横から見た印象が異なり、デザイン性の高いものもあります。

 

草履に高さの差はあるの?

ほとんどの草履はコルクの芯にして、表面を皮や合皮で作られています。

草履は踵が高く、台の多いほどフォーマルとされます。

礼装になると低い草履では着物とのバランスが悪くなるためです。

台というのは足を乗せる部分のことで、草履を横から見ると、横の筋があるものがあります。この一枚が台で、重ねて高さを出します。

段重ねというのは、台をいくつ重ねた草履であるかということです。

台の厚さといくつ重ねているかで草履の高さが変わるのです。

台と台の間にペラと呼ばれる薄いラインを入れたり、間の台の装飾を変えることで、より華やかな草履になります。

 

フォーマルに合わせる草履はどんなの?

踵の高いものを。5㎝を目安に着物とのバランスがとれていれば、それほど気にしなくても大丈夫です。

色は金、銀、白がお勧め。淡い色のものほどフォーマル感が高めです。

 

礼装の着物ほど華やかなので、草履は主張しすぎないものを選びます。

そのため、台や鼻緒の地色は落ち着いた淡い色合いのものが好まれます。

逆に、カジュアルな着物に合わせるなら、濃い色合いのもので個性を出すのも一興です。

草履に関しては必ず、これを合わせなければならない訳ではありません。

着物とのバランスを見て、不自然でなければ大丈夫です。

この他にも、夏用のパナマと呼ばれる涼しげなものや、畳表と呼ばれる草履もあります。

 

靴を見ればお洒落か分かる。とは、よく言われます。

着物でも、草履まで気を配り一段上のお洒落を楽しんでください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。