反省は、足りなくても過剰でもカラダに負担をかけている。頑張ってもから回ってしまうときは

毎日、仕事は一生懸命こなしてるつもりだけど、

怒られたり、つまらないことばかりで

ふと「私の人生これでいいの?」と虚しくなることがある。

もしかして会社勤めに向いてないのでは…

 

頑張ってもから回ってしまう

 

自分をコントロールする

 

一生懸命やっても成果が上がらない

同じことの繰り返しで喜びがない

怒られてばかり

人がついてきてくれない…

職場ではいろいろツライ状況があるかもしれません。

自分の思うように物事が運ぶことはまれで、しかしだれもが職場の環境を自分でコントロールすることは難しいですよね。

だからこそ、自分の感情をコントロールすることが重要なのです。

 

自分を客観的にみる

自分の感情をコントロールするには、まず自分を客観視することが重要です。

主観的であることが決して悪いことではありません。

しかし物事を主観的にとらえてばかりでは、自分の感情に振り回され、自分自身が疲れてしまいます。

客観的に物事をとらえ自分の感情をコントロールすることは、自分にふりまわされず、自分の意志で自分の行動に責任をもつ第一歩になります。

私達人間は、当人が1度立ち止まり冷静になれば、自分自身のことを、自分で客観視することも出来るようです。
そのため人間だけが、自分を客観視することで改善点を把握し、自由意志の力をもって自己改善に努めることができ、自分を人生を、変えていけるようです。

出典:自分を客観視する方法

 

最初は難しいかもしれませんが、自分を客観的に見ることを心がけましょう。

客観的に見ることが難しければ、まずは第三者の意見を参考にしましょう。自分がまわりの人を客観的に見ているように、まわりの人もあなたを客観的に見ているのです。

 

自分を責めすぎていませんか?

自分を責めすぎている人は、自分の長所を3つあげてみましょう。誰に対して言うことでもありません。恥ずかしがらずに、心のまま、どんなことでもいいのです。

どんなときも、自分だけは自分を見捨ててはいけません。

何か失敗をして自己嫌悪に陥ってしまい、自分の長所がわからなくなったときは、自分の好きなことをしてリラックスしましょう。

心がリラックスできれば、失敗へのとらえ方も変わり、また自分の長所を再確認できます。

どうせ失敗してしまったのだから、そこから何かを学ぶようにしましょう。もし何かを学び取り、あなたが成長するのであれば、失敗によって被害を受けた人も「でもその分、あの人が成長してくれたならいいか」と考えやすくなります。

「失敗は成功の母」ということわざもあります。

失敗してただ自己嫌悪するだけなんてもったいなすぎます。失敗した時は、「自分はダメだ」ではなく「そこから何かを学んでやろう」という気持ちを持ってみて下さい。

出典:自己嫌悪に陥る心理と、そこから抜け出すための克服法

だれでも失敗はしますし、失敗した自分を責めずに、許すように心がけましょう。

 

まわりの人を責めてしまう人は

反対にまわりの人を責めていつもイライラしている人は、自分のことを棚に上げていませんか?

自分を客観的に見たとき、自分にも足りない部分があることに気づくと思います。どんなに完璧に見える人でも、完璧で非の打ちどころのない人間はいません。

誰かを責める前に自分を省みることができれば、ひとまわり大きな心が持てるようになり、イライラは減ります。

 

 

反省は足りなくても、過剰でも、カラダのバランスを崩してしまいます。

自分を客観視することで、自分やまわりの人を責めすぎず、受け入れられるようになります。

 

落ち込んだ時のアロマオイル

心をリラックスさせ、ホルモンのバランスを整える、ゼラニウム、ネロリ、ベルガモット、ローズなどがおすすめです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。