メディカルハーブは凄すぎて人間には作れない!薬を超えた秘密の効能

健康と美容というのは、言葉では一つにまとめられて言われることが多いのですが、実際は,「健康・医療業界」と「美容業界」は全く別のものになっています。現場の職業も別々ですし、要請器官もバラバラです。日本ばかりではなく、世界的に見ても,健康と美容の両方をつながりがあるものとして捉える職業や教育するところはほとんどありません。しかし、実際本当に健康なら若々しくエネルギッシュに輝いているでしょうし、素敵に年齢を重ねられたらいいですよね。

私は,渡英する30年も前は、化粧品会社の研究開発室にいました。化粧品の開発をしていて疑問を感じたのは、内蔵の問題や、ホルモンの問題、様々な健康状態が肌に及ぼす影響は計り知れないものがあり、肌だけでは限界を感じていました。医学を修得しなくてはと考えていましたが、現代医学は各科ごとにわかれていますので、つながって診る科はないかを探した結果、欧州には自然療法科があることにたどり着いたのです。早速渡英して自然医学を学び、プロとして働くことになったのですが、今までの限界や悩みがぱっと晴れていく感じはいまだに忘れられません。

人間は、部分部分別々に機能している訳ではないのです。自律神経やホルモンや血流や免疫など正常に機能してくれているときはすばらしく肌の状態も良くなる訳です。正常な体の機能って意識したことない人がほとんどだと思いますが、もの凄い機能なんですよ。

例えば、毎日がん細胞は千や二千出来ているのですが、体の防御システムによって瞬時に消し去りますし、全く持って副作用なんてないですよね。人間がつくった薬よりはるかに優秀な機能を持っています。肌だって若いときは何にもしなくても問題なかったはずですよね。だんだん彼とともにいろいろなものが足りなくなってそれを補うために化粧品を使ったりするわけでしょ。

若くて健康な皮脂の働きは今まで日本で一番高いクリーム100万円よりもすごい機能が備わっている訳です。人間が人間や生き物に備わっている機能はいまだに全く作れないんです、凄すぎて。

だから、自然の力というのは人工的には作れないんですよ、凄すぎて。だから、自然界のものをうまく活用出来ればすごいんですよ。例えば、ハーブ。

たかがハーブだと言う人が多いと思うんですが、自然の力、メディカルハーブの機能を一つの例としてご紹介したいと思います。欧州では薬箱の中は自然薬しか入っていません。それだけ副作用が無く安全であるにもかかわらず効果的ということなのです。

ラベンダーオイル

この精油ほど使い道の広い精油はなかなかありません。効果効能としては、ちょっとした傷ややけどの回復を早めてくれたり、手術後のケロイドや痕を目立たなくしてくれたり、殺菌効果があるのでニキビや虫刺されにてきめんです。また、アレルギー反応を抑制するため、湿疹やじんましんにも速攻的に効果を発揮します。

さらに安眠促進、頭痛、片頭痛、血圧も下げてくれます。免疫も強化してくれるので使用していると風邪の予防にもなります。筋肉や神経の疲労や緊張の緩和作用や、消化貴兄では肝臓を強壮する作用もあります。細胞成長促進作用があり、スキンケアにも効果を発揮してくれます。一つの精油で何故これほどの効果があるのか不思議に思いませんか?

精油は植物のエッセンスです。精油の成分は皮膚からも吸収され、毛細血管より血流に乗って細胞へと広がっていくルートの他、肺の中に吸い込むことで肺胞を通り血液に乗って全身に運ばれるルート、また、嗅覚を刺激するルートと3つのルートで全身に(精神にも身体にも)作用を及ぼすのです。

また、植物の成分は、化学医薬品のように一つの目的のために一つの成分と言う,人工的に作ったものではありません。一つの植物や精油は人間と同じように生き物ですから、ものすごい数の効能、役割が違う成分ががそれぞれ含まれています。

ラベンダーオイルの場合、殺菌作用の有るリナロールや、神経系に対して鎮静作用のあるリナリルアセテートなどリラックス作用をもたらすもの、その他にも活気づけたり抑制されたものを解き放ったりする作用のもの、バランスを調整してくれるものなど、リラックスから活性まで、便秘にも効くし下痢にも効くなど一つの精油に全く反対の作用を持つものまでもがバランスよく共存して生きている配合そのままなのです。そのため、これほど広範囲な性質を有し、種々の症状に対して有効で、しかも身体に優しい治療剤なのです。

こういう自然の配合は人工的に作れないのです。生きているものは何一つ人間の力では作れません。だから自然の力をそのままどうしたらいかせられるのかということを科学しているのが自然科学なのです。

近年、認知症の予防でも取り上げられている精油です。認知症は緊張、ストレスホルモンのコルチゾールが蓄積していくと脳のダメージを大きくしてしまうことがわかっています。精油はこのコルチゾールも軽減させる作用が認められているのです。

このように、精油も自然療法の一部ですが、症状によって化学医薬品よりも本当に有効なものがたくさんあるのです。特に,現代社会のストレスによって生じる自律神経の乱れ、これが原因で起こる様々な症状、これらの症状を根本から元に戻さないで、薬による対処療法ばかりやっていると、重症化するのです。自然界のものは、同じ自然界の人間の機能を元に戻すように働いてくれるのです。

自然療法では、精油や薬草様々な自然薬を使いながら、そこに特殊なマッサージや整体、運動療法などのメディカルメソッドなどで自律神経を調整して、現代人が失いつつある免疫力を上げることで根本的に解決させているのです。また,食べ物や栄養素も自律神経に関わりますので、食生活も改善していきます。

健康も美容もつながっているのです。それが自然な人間の機能だから。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。