カジュアルな着物の疑問解消しましょう!

旅行に行くときにはどんな着物がお薦め?

お薦めは大島紬(おおしまつむぎ)が一番!!!

大島紬は水に強いから、急な雨でも安心です。軽くてシワにもなりにくいので、

身軽な装いで楽しみたい旅行には最適なのです。

また、無地や柄の少ないものなら比較的お手頃価格で入手できるのです。🙌

ウールや木綿、化繊の着物も手入れが楽なので、旅行にはピッタリかも😃

紬の着物は袖丈を短く仕立てたほうがいいの?

昔は紬は普段着でしたので、着こなすために、袖丈を短く仕立てるのが普通でした。

現在は、カジュアルなパーティーなどで着用するのであれば、小紋などと同じように

仕立てるとよいでしょう。袖丈をそのままにして、袖に少し丸みを出せば、

手持ちの長襦袢(ながじゅばん)が合わせられるので、軽快な印象になるでしょう😄

長襦袢・・・着物と同じ丈の、着物の下に着る長い襦袢

歌舞伎に適した着物は?

観劇ですから、小紋や江戸小紋、御召に名古屋帯を合わせるのが一番です。

演目や贔屓の役者さんにちなんだ柄、色を取り入れた装いをしていくのも楽しみ方の

一つです。「義経千本桜」なら桜や鼓を帯に取り入れたり、「鶴寿千歳」なら鶴の柄の帯

を結んだりするのも粋です。贔屓の役者さんが坂田藤十郎なら、名前にちなんで藤の花や藤色を

入れるのもいいですね。

桟敷席(さじきせき)や一等席、初日や千秋楽、お正月公演や襲名公演など、特別な公演の時には

付け下げなど、華やかにドレスアップして出かけてみましょう。

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。