なぜ完璧主義になってしまう?自己評価の低さも原因のひとつ

あなたのまわりにもこんな人いませんか?

『まわりには厳しい人だと言われるけど、自分にだって厳しいつもり』
『仕事もバンバンこなして、プライベートも手を抜かない!』

完璧主義で、何事にも一生懸命で厳しい人。
仕事の質の高さや、周りからの信頼が厚いなど「完璧」そうに見える人。

だけどそんな人は、時として自分を追い込みすぎ、つらい思いをしているように見えます。

なぜそれほどまでに『完璧』をめざすのでしょうか?

 

今回は完璧主義の人の特徴と、そうなった原因や考え方などについてまとめてみました。
自分が完璧主義でつらい思いをしている方、身近にいて分かり合えずに悩んでいる方の参考になればと思います。

 

完璧主義の人の特徴

完璧主義の人はこんな特徴があります。

◆質の高い成果を出しやすい、周囲からの信頼を得られやすい

◆細かい作業を丁寧に行うのが得意

◆「できる」と確信するまで動かず、始動が遅れやすい

◆人に頼ることが苦手

◆自分だけでなく、他人にも完璧を求める

◆細かい点を気にしすぎるあまり、大局を見失うことがある

◆優先順位をつけて物事をこなすのが苦手

◆ゼロイチ思考に陥りやすい、途中で投げ出してしまうことがある

◆過去の失敗をいつまでも気に病む

※部分的に省略しています

出典:完璧主義者の特徴・原因と治し方|頑張りすぎて疲れてしまう人│#タウンワークマガジン

完璧主義の人は、人に弱みをみせることができず、なかなか人に頼ることができません。
また、自分だけでなく他人にも完璧な仕事を求めてしまうので、周囲の人に敬遠されてしまいがちです。

完璧主義は、信頼されやすい、仕事が丁寧などメリットも多くありますが、上記のようにデメリットもあり、ネガティブなイメージがつきまといます。

 

なぜ『完璧』にとらわれるのか?

完璧主義な人は、自分で自分の価値観が信じられない、もしくは揺らいでいる人です。そのため「完璧」であることにこだわり、まわりも巻き込んでしまいます。
自分で自分の価値を認められず、周りの自分に対する評価を自分の価値だと思い込んでいます。

ここでいう「周りの自分に対する評価」とは、「周りにどう思われていると思っているか」、つまり「本人から見た周りの評価」でしかありません。実際周りの人がどう思っているか、エスパーでもなければ誰にもわからないのです。
そのため、「完璧」を目指し、評価を落とされる心配を減らして安心したいという心理が働きます。

しかしそれでは、いつまでたっても「自分」を受け入れられず、目を背けたままです。

 

完璧主義は長期のストレスに弱い

完璧主義の人の実情は、“自分を完璧だと思い込んでいる人”と言えます。

出世欲が強く、実際に出世も早いのですが、あまりにもモーレツが過ぎると、病気になる確率は高いでしょう。

アドレナリンの分泌量が多く、普段からカッとなったり、イライラすることが多いです。怒鳴るなどして、すぐにストレスを発散させるので、短期のストレスには強いのですが、長期的にストレスが続くと、精神障害や心身症になりやすいといえるでしょう。
また、目標を失うと、ギャンブル、アルコールなどの中毒にもなりやすいタイプです。

 

ひとり空間でアドレナリンを鎮めて

知的で能力も十分にあるので、いきすぎないように気を付ければいいのです。
時間的にも精神的にも意識してゆとりを持つことがポイントになります。

ひとりで落ち着ける空間で、怒りや攻撃性をコントロールしましょう。
加羅のお香や、ケルプの入浴剤などはアドレナリンを鎮め、あなたを冷静にしてくれます。

 

無理に自分を変えない

完璧でなくてもいい、簡単にそう思えれば楽ですが、そんなに単純なものではありません。

頭ではわかっていても、長年染みついた思考の癖はなかなか変わりません。

完璧な人はいないとわかっていても、自分はそれでは済まない、完璧でないと安心できない。
そう思う自分を否定することはありません。
ただ、しんどい時はしんどいのだと認め、少し歩調を緩めてみましょう。
無理に自分を『変える』必要はなく、『認めてみる』のです。

高い目標を持つことは、人生や生活にメリハリをつけ、充実させてくれる要因の一つになるでしょう。しかしそれも行き過ぎれば自分の首を絞めるだけになってしまいます。
一番大切なのは、肩の力を抜いて、生きやすく生きていくことだと思います。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。